りんメロ式講座

ポケモン剣盾「過去作互換切り」について

time 2019/11/11

2019年6月11日にYoutubeで配信されたポケモンツリーハウスで、増田さんから「剣盾とポケモンホームで行き来出来るポケモンをガラル図鑑に登場するポケモンに絞ることにしたと話されました。

↓  25分31秒より互換切りの話

「過去作互換切り」と言われていますが、これは「今までのシリーズで捕まえたポケモンを最新作へ送れなくなる」では無く「全てのポケモンのデータが作れない影響上、最新作へ送れなくなるポケモンが出てくるということです。

つまり、ガラル地方で出現する事が確定しているポケモンを過去作で育成しても、無駄にならないということですね。

例えば、まだガラル地方で出現することが発表されていないポケモンの1匹バオッキー というポケモンが居ます。

奴は 2016年に開催されたポケモン総選挙で 最下位 という凄まじい栄光を取った、いわゆる 不遇ポケモンです。(ファンの方が居たら申し訳ないです)

ウルトラサンムーンでバオッキーを育成したとしましょう。いくら育成しようがもしこのバオッキーが最新作のガラル図鑑に乗らなかった場合
バオッキーを最新作であるポケットモンスター ソード シールド へ送れなくなってしまいます。

何故送れないのか

ポケットモンスター ソード シールドバオッキーのデータが入っていないからです。

要は今まで800種類を超えるポケモンを製作してきて、最新作に全てのポケモンを登場させるのがデータ量的に厳しいので、ガラル図鑑に載っていないポケモンは今作では連れて行けませんよということです。

ここまでバオッキーを例に挙げて説明してきましたが、まだガラル図鑑に載っているポケモンが全て発表されていない関係上、バオッキーもまだ出現する可能性はあります!(※2019年11月11日現在(剣盾発売4日前)ですが、未だにバオッキーの内定情報は出ておりません !)

個人的に今まで登場した 準伝説ポケモン が今作互換を切られているのが多いのではないかと考えています。
具体的な例を出すと レジロック レジスチル レジアイス ボルトロス トルネロス カプ系 辺り(※あくまで予想ですよ)
マッシブーンなどのウルトラビースト系も登場が怪しそうだなと予想します。ウルトラビーストは数も多いので。

今回のこの互換切りは 対戦環境のバランス調整 も含まれているようです。

以上です。最後に今回 例として挙げさせて頂いたバオッキーですが、過去にこのバオッキーについてのブログ記事を書いたことがあったのでその記事を貼って終わりとさせて頂きます。
バオッキーの調整

今回の記事についての質問点などがある場合は、気軽にコメント欄までお願いします!


ポケットモンスター ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

りんメロ☆

りんメロ☆

関西住みの20代男性です。趣味は料理とゲームで、特にゲームの中でもポケモンは昔から好きなコンテンツの一つです。



sponsored link