ズルズキンの調整【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

scrafty

ズルズキン

□種族値
H65 A90 B115 C45 D115 S58

□特性
いかく

□技構成
とびひざげり はたきおとす いわなだれ ドレインパンチorどくづきor怒りの前歯orどくどくor挑発

□持ち物
オボンのみ

□性格
ゆうかん(S個体値2~3想定)

□努力値配分
H228 A156 B60 D60 (余り4)
(169-143-143-×-143-57)

・H4n+1(オボン回復量最大)
・最遅ギルガルド抜かれ調整。

・A11n調整。(努力値-1すると実数値-2)
・飛び膝蹴りでH4振りメガガルーラを81.3%の高乱数で落とす。
・飛び膝蹴りでH4振りガブリアスを確2。(50.5%~59.2%)
・飛び膝蹴りでH全振りヒードランに84.8%~100%。

・はたきおとすでH全振りギルガルド(ブレード)を確1。(134.1%~159.2%)
・はたきおとすでH4振りメガゲンガーに76.4%~92.6%。

・岩雪崩でH全振りファイアローを75%の乱数で落とす。
・岩雪崩でH4振りウルガモスを確1。(119.2%~141.6%)
・岩雪崩でB4振りメガリザードンYを確1。(107.1%~128.1%)
・岩雪崩でB4振りメガリザードンXを確3。(40.5%~48.3%)

・ドレインパンチでH全振りヒードランに96.5%の高乱数で確2。(49.4%~58.5%)

H-B
・補正有(意地っ張り)A全振りギルガルドの珠聖剣を威嚇&オボン込みで91.8%の確率で2耐え。
・補正無(陽気)A全振りガブリアスの鉢巻逆鱗を威嚇&オボン込みで確3。(オボン込:41.2%~48.8%)
・補正無(陽気)A全振りガブリアスの逆鱗をオボン込みで確3。(オボン込:41.2%~48.8%)

H-D
・補正有(冷静)C全振りギルガルドの珠ラスターカノンをオボン込みで93.7%の確率で2耐え
・補正有(控えめ)C全振りメガリザードンの大文字を62.5%の確率で耐え。
・補正無(臆病)C全振りメガリザードンの大文字を確定耐え。(81.6%~96.4%)
・補正無(臆病)C全振りメガゲンガーの気合玉確定耐え。(81.8%〜97%)
・補正有A全振りウルガモスの大文字をオボン込みで最高乱数2回連続引かない限り2耐え。(98.8%の確率で耐え)

スポンサーリンク



威嚇を撒いてサイクル戦を有利にしたり元から高い耐久力を生かし相手のポケモンを一体タイマンで葬るのが仕事です。
チョッキではなくオボンを持たせる事で物理面でのタイマン性能を上げる事が出来ます。
最速鉢巻ガブにも鮫肌ダメ考慮で64.8%の確率で1:1に持っていける事が出来ます。(意地鉢巻は無理。それ以外のガブなら基本こちら赤ゲージまで持っていけるものの勝つ事が出来る)

岩雪崩を採用したのはファイアローリザードン返り討ちにする為です。(アローは威嚇込みのタイマンに限る)他にも相性補完に優れているという理由で確定枠にしました。
ちなみに冷凍パンチはガブリアスにすらも確2になるので搭載していません。飛び膝蹴りで無振りなら丁度確2で落とせるので充分だと感じました。
飛び膝蹴り はたきおとす 岩雪崩 は確定であと1枠は膝で確定に出来ないドランに安定して打てるドレインパンチ、呼ぶフェアリーに交代読みで当てる毒突き、耐久型ポケモンだろうが相手の体力の半分削れる怒りの前歯、辺りからの選択になると思います。
せっかくチョッキを持たせないので毒毒挑発も候補に入れていいと思います。

AとBとDが同じ数値になってしまっているのは偶然です←
本当はDL対策でD>Bにしたかったのですが、H.A.B.Dの全てにおいて少しでも妥協してしまうと、大きく確定数が変化&数値的な差が生まれてしまう為、諦めました。

Sは最遅ガルド抜かれ調整にする事によって、ガルドを処理し易いようにします。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。