マッシブーンの調整(突撃チョッキ持ち)2パターン【SM】

12/21 ブログ記事掲載
12/23 パターン2を追加
1/12 パターン1とパターン2の入れ替え&パターン1の調整で突撃チョッキを持たせず他の道具を持たせた場合のD耐久についての説明を追加

マッシブーン

□種族値
H107 A139 B139 C53 D53 S79

□特性
ビーストブースト

□技構成
アームハンマーor馬鹿力 吸血orとびかかる ストーンエッジ 冷凍パンチ 地震 毒づき 雷パンチ

□性格
意地っ張り

☆パターン1☆

□持ち物
とつげきチョッキ 各種Zクリスタル ゴツゴツメット オボンのみ など

□努力値配分
H196 A164 B116 D28 S4
(207-198-174-×-77-100)

・H16n-1調整(天候ダメ&火傷や宿り木の定数ダメ最少)

・A11n調整(努力値-1すると実数値が2下がる)
・アームハンマーでHB特化ポリゴン2を確2。(51%〜60.4%)
・アームハンマーでH特化ポリゴン2に69.7%〜84.3%。
・馬鹿力でH特化ポリゴン2に85.4%〜101%。
・冷凍パンチで無振りメガボーマンダを31.3%の確率で落とす。(88.8%〜105.2%)

H-B
・意地っ張りガブリアスの逆鱗を鮫肌ダメ1込みで96.9%の確率で2耐え。(37.6%〜44.9%)
・陽気ガブリアスの逆鱗を鮫肌ダメ2込みで49.2%の確率で2耐え。(34.7%〜41%)

H-D
※突撃チョッキを持たせた場合のダメージ計算を記載。
・冷静ギルガルドのシャドーボールを確3。(42%〜49.7%)
・臆病カプ・コケコの眼鏡マジカルシャインを確定耐え。(84%〜99.5%)
・臆病ゲッコウガの珠れいとうビームを93.7%の確率で2耐え。(43.4%〜51.6%)

スポンサーリンク



こちらは☆パターン2☆より「物理方面の受け」を強く意識した調整。
火力強化アイテムを持っていない大抵のガブリアス相手に後出しから勝てる。
トリルなどで運用するならこっちか。

ちなみにチョッキを持たせない場合でも、この調整でちょうどカプ・コケコのマジカルシャイン1耐え調整が出来るので、道具の使い回しが可能。(84%〜99.5%)

☆パターン2☆

□持ち物
とつげきチョッキ

□努力値配分
H196 A84 B4 D100 S124
(207-187-160-×-86-115)

・H16n-1調整(天候ダメ&火傷や宿り木の定数ダメ最少)
・S準速バンギ抜き抜き(テンプレの眼鏡ヒードラン抜き調整)

・A11n調整(努力値-1すると実数値が2下がる)

・地震でH全振りシールドフォルムのギルガルドを確2。(50.2%〜59.8%)
・地震でH全振りヒードランを確1。(113.1%〜135.3%)

・冷凍パンチで無振りガブリアスを確1。(100.5%〜120.2%)
・冷凍パンチで無振りボーマンダを威嚇込みで確2。(82.3%〜98.8%)

・吸血or飛び掛かるでHB特化ヤドランを75.4%の確率で2発で落とす。(47.5%〜56.4%)
・吸血or飛び掛かるでHB特化クレセリアを確3。(39.6%〜47.5%)(A全振りしてても36.7%(44.9%〜53.7%)の確率でしか2発で落とせない。)

・アームハンマーで無振りメガギャラドスを81.3%の確率で落とす。(96.4%〜114.1%)
・アームハンマーでH191メガギャラドスを12.5%の確率で落とす。(85.8%〜101.5%)
・アームハンマーでHB特化ポリゴン2を90.6%の確率で落とす。(47.9%〜57.2%)
・馬鹿力でH191メガギャラドスを確1。(103.6%〜122.5%)
・馬鹿力で無振りメガギャラドスを威嚇込みで77.6%〜91.7%。

・雷パンチでH191ギャラドスを確1。(113%〜134%)
・雷パンチでH191ギャラドスを威嚇込みで確2。(75.3%〜90%)
・雷パンチでHB特化ギャラドスを確2。(73.2%〜87.1%)
・雷パンチでH191メガギャラドスを威嚇込みで29.3%〜34.5%。

H-B
・意地っ張りガブリアスの逆鱗確3。(41%〜49.2%)
・意地っ張りカプ・ブルルの草場込み鉢巻ウッドハンマーを46.1%の確率で2耐え。(45.8%〜54.1%)
・控えめカプ・テテフのサイコショックを確2。(82.1%〜98.5%)

H-D
・余り。
・臆病カプ・コケコの電場込みの10万ボルトを確3。(42%〜49.7%)
・臆病カプ・コケコのマジカルシャインを確2。(50.2%〜60.8%)
・臆病カプ・コケコの眼鏡マジカルシャインを75.3%〜89.8%。
・臆病カプ・コケコの眼鏡ボルトチェンジを49.2%〜57.9%。
・冷静ギルガルドのシャドーボールを確3。(37.6%〜44.9%)
・臆病ゲッコウガの珠持ち冷凍ビームを確3。(38.1%〜45.8%)
・控え目C全振りニンフィアのハイパーボイスを確定耐え。(81.1%〜96.6%)
・控えめジバコイルの10万ボルトを確3。(38.1%〜45.4%)
・控えめジバコイルのアナライズ10万ボルトを98.4%の確率で2発で落とされる。(49.2%〜58.4%)
・控えめカプ・テテフのサイコキネシスを確1。(114%〜136.2%)

スポンサーリンク

バンク解禁されてから数が増えるであろうヒードランバンギラスそれ抜き調整をしているポケモンを意識してSをここまで高めた。

Dは余りを注ぎ込んだら丁度カプ・コケコの電場込み10万確定耐えになる。しかしその後のマジカルシャインで(ry
相手がスカーフを持っていてそのまま10万ボルトをしてきたら後出しから勝てる対面からなら眼鏡を持たれていても勝てる。

火力に至ってはもっと振りたいと思いがちだが、これ以上振っても確定数が変わるメジャーポケモンが居なかったので、丁度11nで地震冷凍パンチでそれぞれギルガルド確2ガブリアスを確1に出来る綺麗なラインで留めてある。

マッシブーンはD方面が脆く特殊型のポケモンが来たら問答無用で引かなければならないイメージだがチョッキを持たせることによってそれを解消出来る。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

マッシブーンの調整(突撃チョッキ持ち)2パターン【SM】」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    初めまして。配分について気になった点があります。
    突撃チョッキを持たせるなら、HAベースで調整するよりADベースで調整したほうが、Dにチョッキの補正が乗る分努力値の効率が良いかと思われます。
    にもかかわらず、HAベースで配分しているのは、物理耐久も確保したいから、という事なのでしょうか?

    返信
    1. りんメロ☆ 投稿作成者

      >匿名さん
      コメントありがとうございます。
      はいその通りです。このマッシブーンはチョッキを持たせているのですが、役割としてはどちらかというと特殊型のポケモンより、ガブリアスやメガギャラドスなどの物理型のポケモンを強く意識した調整となっています。
      「両受け」と言うべきでしょうか。せっかく元の物理受け性能が高いわけですから、それを見過ごしてD受けだけを考えるのはあまりにも勿体無いです。
      特殊受けか物理受けのどちらかに特化して火力をもっと伸ばした方が良いのでは?という意見もあるかと思いますが、正直特に伸ばしても確定数が変わる相手があまりおらず、思い切って全振りして伸ばすぐらいなら鉢巻を持たせるべきだと考えました。

      実際に鉢巻マッシブーンを使ったことがあるのですが、せっかくの物理受け性能から弱点を突いて倒せるのが売りのマッシブーンなのに対し、技が固定されてしまうのはかなり辛いものを感じましたので、個人的には非常に使いにくかったです。
      鉢巻アームハンマーを連打していると普通に死に出しにギャラドスが出て来たりとかよくありましたので。鉢巻じゃなくチョッキの場合、そのような対面になってもノータイムで雷パンチが出せます。

      鉢巻だと思わせるような立ち回りをしていたら相手もそれに乗ってくれるので、意表を突いた立ち回りが出来たりして処理し易くなりますよ♪

      返信

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。