穏やかボルトロスの調整【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

図太いボルトロスの調整も公開しているのでそちらも是非。

thundurus-thumbnail2

ボルトロス

□種族値
H79 A115 B70 C125 D80 S111

□特性
いたずらごころ

□技構成
10まんボルトorボルトチェンジ めざめるパワー(氷)orきあいだまorくさむすびorやきつくす でんじは ちょうはつorわるだくみ いばる みがわり

□持ち物
オボンのみ

□性格
おだやか

□努力値配分
H212 B56 D236 S4
(181-×-97-145-143-132)
めざ氷理想個体想定(V-×-U-V-V-V)

・H4n+1調整(実数値181)

H-B
・補正有(意地っ張り)A全振りメガボーマンダの捨て身タックルをオボン込みで96.1%の確率で2耐え。
・補正有(意地っ張り)A全振りドリュウズの岩石封じをオボン込みで98.8%の確率で耐え。
・補正有(意地っ張り)A全振りファイアローの鉢巻フレアドライブを最高乱数を引かない限り耐え。

H-D
・D11n調整(努力値を8少なくすると数値が2下がる)
・補正有(控えめ)C全振りサザンドラの眼鏡流星群を82.8%~97.7%のダメージ。
・補正有(控えめ)C全振りサザンドラの眼鏡悪の波動をオボン込みで確3(オボン込:41.1%~48.2%)
・補正無(臆病)C全振りゲッコウガの珠冷凍ビームを79%~95%のダメージ。
・補正無(臆病)C全振りメガゲンガーのヘドロ爆弾を86.7%の確率で2耐え(43.6%~51.9%)
・補正無(臆病)C無振りメガゲンガーの状態異常たたりめをオボン込みで90.8%の確率で2耐え(オボン込:43.8%~51.7%)
・補正無(臆病)C無振りメガゲンガーのシャドーボールをオボン込みで確4(33.1%~39.7%)
・補正無(臆病)C無振りメガゲンガーのヘドロ爆弾をオボン込みで69.3%の確率で耐え(29.6%~35.8%)
・補正無(臆病)C全振りゲンガーのヘドロ爆弾をオボン込みで97%の確率で3耐え。

スポンサーリンク



耐久の種族値だけ見ればサンダーの完全劣化!しかし特性のおかげでサンダーの完全上位互換!!
…と言いましたが、それは嘘です。(ぇ

サンダーには羽休めという名の高速回復技があるのに対し、ボルトロスの回復技は眠るぐらいしかありませんね。
だから挑発を使わなかったり先制電磁波を打つ必要が無いと感じたらサンダーを使った方が良いでしょう。

何と言ってもボルトロスの魅力は先制で電磁波や挑発が出せるというのが一番だと思います。高速アタッカーの機能停止を狙えたりバトンなどの補助技頼りの相手を縛れるのは本当に大きい。
耐久型の魅力は後出しで余裕を持って耐えて電磁波を打てるのが魅力です。

スポンサーリンク

今回紹介した育成論はボルトロスの耐久型のメジャーである図太いではなく、穏やかです。
穏やかボルトロスはガルーラの捨て身を受け切れなくなったりする代わりに、珠ゲッコウガの冷bを耐えて電磁波を放てたり、補正無Cぶっぱメガゲンガーのシャドボを2発耐えるので後出しから電磁波を打てるなどの魅力があります。

私は過去に穏やかサンダーを使っていたのですが役割対象のゲンガーに対面から催眠術を当てられ何も出来ずに負ける場面が何度かありました。しかし穏やかボルトロスだと対面から電磁波を打てるのでたとえ眠らされて落とされたとしても最低限の役割は果たせます。
何が言いたいのかと言うと、対ゲンガーではサンダーよりボルトロスの方が優位に立てるということですね。もちろん回復技が無いに等しいボルトロスはサンダーよりも過労死しやすいですが。それでも私はサンダーよりボルトロス派です。
先制で挑発を入れられるのも魅力の一つですね。上手くいけばクレッフィも完封出来ます。(イカサマでゴリ押されたら知らない)

今回の調整はD方面に余裕を持って振った関係上ギリギリの調整になってしまったのでSにあまり振らずに耐久方面にほぼぶっぱ。
H181にする理由については図太いボルトロスの調整で紹介したのでそちらを参考に。

厳選の妥協点については今回はSにあまり振っていない調整になってしまったので妥協するとしたらBですかね。
Dの努力値を-1してしまったら11nの関係上D-2になってしまうので特殊受けとしての性能が少し危うくなってしまいます。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。