コバルオンの調整【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

cobalion-thumbnail2

コバルオン

□種族値
H91 A90 B129 C90 D72 S108

□特性
せいぎのこころ

□技構成
せいなるけんorインファイト(個人的には先制で動くことが多いので聖剣推奨) アイアンヘッド ストーンエッジ(アロー意識するなら) でんこうせっか ボルトチェンンジ めざ氷 ステルスロック 吠える どくどく でんじは ちょうはつ リフレクター

□持ち物
オボンのみ ゴツゴツメット ラムのみ レッドカード ふうせん シュカのみ

□性格
ようき

□努力値配分
H196 B92 S220
(191-110-161-×-92-171)

・S最速ガブリアス+2調整。
・H16n-1調整。
・補正有(意地っ張り)A特化アローの珠ブレバ確3。(41.3%~49.7%)
・補正有(意地っ張り)A特化アローの珠フレドラ確2。(83.2%~99.4%)
・補正無(陽気)A特化マンムーの珠地震87.5%の確率で耐え。(乱数が大きく変わる)

スポンサーリンク

三剣士のリーダー的な立ち位置を持つコバルオン。
しかし実際はそんなリーダーではなく一致技の技範囲&攻撃力の高さに優れているテラキオンばかり使われている事実。悲しきリーダー(ビリジオンは知らない)

今回はそんなリーダーの種族値を最大限生かせるよう、速い物理受けを意識して調整。
技候補や持ち物はいろいろ書いたが、パーティによっていろいろと変えるのが良いだろう。

S調整は最速ガブリアス+2となっているが、努力値を-8にして最速ガブリアス抜きに留めておく感じにしても良い。(余りの8をSに振った感じなので)

スポンサーリンク



この調整のコバルオンを作りたい場合は少なくともHBSにVは欲しい。
仮にどこかの個体値がUだった場合は、Sを削ると良い。(それでも最低限最速ガブリアス抜きは欲しい)
HやBに努力値を妥協してしまうと、乱数が大きく変わってしまうので。

lucario-mega-thumbnail2

ちなみに同タイプは他にルカリオがいるが、彼は低耐久高火力高速アタッカーなので被弾しないように立ち回り相手に負担を与えていく戦法なのに対し、コバルオン先発に出してサポートや耐性を利用して後出しするスタイルなので差別化などは容易である。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。