カバルドンの調整(2パターン)【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

hippowdon

カバルドン

□種族値
H108 A112 B118 C68 D72 S47

□特性
すなおこしorすなのちから(基本的には砂ダメを稼いだり砂パの砂発動要因として使われるすなおこしが選ばれる。どうしても砂嵐のダメージを味方が受けてしまうのを気にするならすなのちからでも可能)

□技構成
じしん がんせきふうじ なまける ふきとばし ステルスロック どくどく

□持ち物
ゴツゴツメット オボンのみ

□性格
わんぱくorのんき
(S個体値はわんぱくなら11以下、のんきなら25以下にすること。以上にしてしまうと最遅ギルガルドに後攻を取られてしまい、地震で一撃で倒せない&弱点保険の起点にされてしまうので。ギルガルドを意識しない場合はこのS個体値調整は必要無い。)

☆パターン1☆

□努力値配分
H252 B252 D4
(215-132-187-×-93-×)

メガバシャーモの調整(2パターン)の☆パターン1☆の調整されたメガバシャーモを地震で37.5%の確率で落とす(89.4%~105.8%)(※ゴツメ込みで確定)
・補正有(意地っ張り)A全振りメガバシャーモの飛び膝蹴りを97.7%の確率で2耐え。(43.2%~50.6%)

HB特化すればHB特化スイクンよりも高いB耐久力を誇る。

☆パターン2☆

□努力値配分
H252 B100 D156
(215-132-166-×-112-×)

H-B
・補正有(意地っ張り)A全振りファイアローの鉢巻ブレイブバードを確3。(41.8%~49.3%)
・補正有(意地っ張り)A全振りメガバシャーモの飛び膝蹴りを10.5%の確率で2耐え。(47.9%~57.2%)

H-D
・補正有(冷静)C特化ギルガルドのシャドーボールを確3。(41.8%~49.3%)

スポンサーリンク



ギルガルドを強く意識し、B方面も最低限の耐久を確保した調整。

ちなみにこの努力値配分だとメガバシャーモを後出しから狩る事が出来ないので注意。膝で吹き飛ぶ。
メガバシャーモなどを強く意識するなら☆パターン1☆のHBぶっぱ安定。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。