ヘラクレセドランの構築 その対策【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

S_4382991777884
作:もみじ@nyamnyah

【ヘラクレセドランとは】

一部の相手には滅法強く、逆に一部の相手には何も出来ずに簡単に倒されてしまうという非常に流し性能が強いヒードラン
その苦手な相手である多くの物理型のポケモンに強く、流し性能の高いクレセリアというお互いの相性補完が出来ていて、尚且つ詰ませ性能が強い2匹を組み合わせることによって相手を詰ませていく戦法。
それが、クレセドランである。

更にその2匹の相性補完に優れ、叩き落とすを始めとする悪技の一貫性を止め、耐久型のポケモンも含め中速以下の多くのポケモンを縛れるメガへラクロスを組み合わせる事により、後出しを許さない圧倒的火力で相手を更に詰ませる。
これが、ヘラクレセドランである。

メガへラクロスが苦手な相手にクレセリアやヒードランが強く、クレセリアが苦手な相手にメガへラクロスやヒードランが強い。
更にヒードランが苦手な相手にメガへラクロスやクレセリアが強いので、私は個人的にこの3つの関係をトライアングル構築と名付けている。

o0480048013503373228-thumbnail2

【ヘラクレセドラン 構築】

heracross-mega-thumbnail2

実際のヘラクレセドランに組み込まれるメガへラクロスはHA振りが主流のように思われる。
クレセリアにトリルを搭載するならそれでも構わないが、それ以外は個人的に準速最速にする事をオススメする。

メガへラクロスというポケモンは無振りでも十分な耐久力があり、75族という微妙なSがネックである。
だから無振りだと85族であるスイクンやクレセリアに先制で抜かれてしまい攻撃技などを入れられてしまうので、せっかくの耐久振りが腐ってしまう。

では準速や最速にするメリットについて。

準速のメリットは、何と言っても最高火力を維持したまま上から叩ける相手が増える事である。
最速にしてしまうとクレセリア図太いロトムにほぼ確定で耐えられてしまうが、準速だと高確率で落とす事が出来る。(一回でも急所引いたらほぼ確実に落ちる)
クレセドラン対策としてよく挙げられるライコウに対しても、意地っ張りミサイル針で大抵の耐久調整ライコウを確5で落とす事が出来る。(陽気ミサイル針なら乱数)
みがまも型以外のスイクンやクレセリアなどの大抵の耐久型ポケモン最速バンギラス準速キノガッサ、更には大抵の鉢巻カイリューも抜くことが出来る。
特にカイリューに対してはヘラ対面で居座ってくる事が大半だったので、ドヤ顔でロクブラを打ち込む事が出来た。
もちろんマルスケを貫通できるので確1である。(陽気だと90%の高乱数)
ロクブラが外れた時は泣いていい。

最速のメリットは、純粋にSが最速になったことにより上から叩ける相手が増えた事である。
最速キノガッサも抜けるためほぼ全てのキノガッサに安定した戦いが出来る。
更にメガへラクロス同士のミラーに強いことや、メガ前に最速ヒードランを抜ける事が大きい。
メガ前にヒードランと対面したら、守られたり身代わりが残っていたりしない限り勝つことが出来る。
他には調整された初速のメガバシャーモを抜けたり、最速135族抜き調整を施したスカーフ持ちを叩き落とすなどによってスカーフを無くすことにより上から殴れるようになる事だろうか。
ちなみに最速85族で準速サザンドラと同速。つまりどちらにせよサザンドラ相手には安定しない&準速100族(特にリザードンやウルガモス)には勝てない。

結局どちらが良いのかっていう話をすると、好みに別れるとしか言いようがない。
自分はboxにちょうど国際孵化産の意地っ張り色へラクロスがいた&陽気へラクロスを持っていなかったことから準速で運用していたが、やはりLv50のA実数値260から繰り出される技の火力は圧倒的なものがあり、Sも十分抜きたい相手は抜けていると感じた。
陽気ヘラに毎回負けていたのは痛かったが、大抵のヘラはHA振りがほとんどだったので基本的に有利に立ち回れていた。
実際にドラン対面になった時は既にメガになっていた場面が多かったので、最速にしていようが引かなければいけない場面も多かったように感じる。
一見ヘラクレセドランで重く見えやすいメガクチートも、何らかのサイクルでクレセリアのゴツメダメを1回食らわせてから、叩き落とす読みでメガへラクロスを後出しし、無理矢理インファイトや地震で処理出来たのでそこまで苦労したことは無い。
陽気は使ったことがなく相手が使っているのしか見たことが無いので、使い心地は正直よく分からない。

スポンサーリンク



技に関しては ミサイル針 ロックブラスト タネマシンガン は確定。
タネマシンガンはよく抜かれている印象だが、スイクンやカバルドンやロトムなど撃つ機会はそれなりに多かった印象なので、この枠はほぼ確定にする事を強くオススメする。

ラスト一枠はインファイトか地震の選択。
↓以下、実際に意地っ張りメガへラクロスでインファイトと地震を使ってみて思った使い心地

インファイトのメリットは、何と言ってもA種族値&タイプ一致補正から繰り出される圧倒的火力と格闘技の一貫性の高さである。
ギルガルドは無理だがメガクチートに対してインファイトでも十分の火力が出せ(地震にしたところで一撃で落とせない)、メガクチートと一緒にいる事の多いポリゴン2も見る事が出来る。
他にはクレセリア交代読みで舐めてグロウパンチしてきたメガガルーラをインファイトで強引に突破したり、インファイトでBDダウンした時にメガルカリオが出てきて、BDダウンを嫌って交代することを読み、積み技を使ってきたところを強引にインファイトで突破したという場面もあった。
HB特化ナットレイだろうがほぼ一撃(81.3%)で倒せるのも高評価。HB特化エアームド(48.8%~58.1%)やメガハッサムの後出しも許さない。

地震のメリットは、メガクチートに対してインファイトよりダメージが入る点と、何と言ってもギルガルドの後出しを許さない点だろう。
ただでさえギルガルドやメガクチートが蔓延している現環境なので、環境に刺さっているのはインファイトよりも地震なのかもしれない。

メガヘラクロスの調整を公開したので、そちらも是非。

cresselia-thumbnail2

クレセリアに関してはHBぶっぱ確定で。それでも意地っ張り鉢巻ガブリアスに逆鱗されると75%の確率で2発で突破されるので数値が足りないように感じる。

技に関しては、まず月の光は言うまでも無く確定。
次に電磁波かトリックルームの選択。
自分は5ターンという限られた時間の中で決めなければならないトリックルームを使う事が上手くなかったので電磁波で運用していた。
相手のランド対面になると大抵とんぼがえりなどで引いてくるのでそれ読みの電磁波はかなり刺さった。
残りの2枠はクレセリアの代名詞とも言える技である三日月の舞、竜や地面に安定してダメージを与える事の出来る冷凍ビーム、タイプ一致尚且つ最高火力であるサイコキネシスからの選択。

heatran-f68ce-thumbnail2

ヒードランは臆病みがまも型や控えめ眼鏡型など型が多彩だが、個人的には穏やかでの運用をオススメする。
B振りクレセリアとD振りヒードランを組み合わせて受けループ的な動きが出来たり、パーティで重いギルガルドなどに対して後投げから勝つことが出来たり、めざ地を耐えて反撃出来たり、対面ならメガゲンガーに勝てる事もあったりして穏やかが生きた試合はかなり多かった。

特に耐久ボルトロスの悪巧み後の10万ボルトを確3に抑える事が出来るのは魅力的。

穏やかは私のオススメなだけであって、どの型で運用するかは個人の自由だが、どの型にも原子の力などの何かしらの岩技を入れる事を強くオススメする。
このパーティはファイアローに重く、せっかくヒードランを後出ししても岩技が無ければこちらからの有効手段も無いので剣舞ブレイブバードなどで強引に突破されてしまう事がある。(眼鏡型ならその前に火力で押し切れそうだが)
更に岩技が無いと眼鏡型だろうがHDアローによって粘られてしまう事もある。
自分は全てのファイアローをこのヒードランで確実に見たかったので、原子の力と大地の力の両方を搭載し、更に毒毒も搭載した少し変態型のヒードランを運用していた。
HDアロー対面は基本的に原子の力で押し、はねやすめ読みで大地の力。更に隙があれば毒毒をすることにより、相手をどんどんと追い詰める戦法が出来た。
その結果、ヘラクレセドラン対策であるHDアローに対して、1戦も苦戦したことが無かった。

【ヘラクレセドラン 対策】

※自分が準速メガへラクロスゴツメクレセリア穏やか食べ残しヒードランを使って、辛かった相手を挙げてみる。
先ほど(ヘラクレセドランとはで)紹介したトライアングル構築の内の2匹以上を1匹で見られてしまうポケモンに基本重い。

下記のポケモンの何れかは3匹のポケモンのどれかの型を変えることによって対策出来たりする場合もあるが、型を変える事は、型を変える前に比べて何かを失うという事なのでその部分には注意。(例えばヒードランの型を穏やかから臆病に変えるとボルトロスが更に重くなってしまうとか)

ウルガモス…辛いのはめざ地持ち。ヘラクレセドランを全てコイツ1匹で見られてしまう。対策必須ポケ。

ギルガルド…特殊ガルドなら穏やかドランで後出し出来るもののサイクルを回されて何回も被弾するようじゃ苦しい。物理型も聖剣が苦しいが基本的に一発は耐えるため死に出しなどを駆使しヒードランの炎技を当てるチャンスを伺おう。ちなみにCに振ってないヒードランの炎技ではギルガルドを落とす事が出来ない。

グライオン…身代わりもタネマシンガン3発入れないと壊れないし、ギロチン連打される。偶に燕返し持ちのグライオンもいる。

ゲッコウガ…クレセドランに有利。メガヘラなら基本的に対面で勝てるが体力が消耗していたら厳しい。無理矢理クレセリアが悪の波動を耐えて電磁波を入れて突破した試合もあった。

ゲンガー…メガへラクロスにとっても不利な相手であり、クレセドランにゴースト技も一貫し、メガに至ってはサイクルカットされる事により交代出し読み交換をされクレセリアが何も出来ずに倒されてしまう事もよくあった。対面なら穏やかヒードランで見れるものの後出しすると基本的に不利。滅びゲンガーや素催眠ゲンガーが出て来たら素直に諦めよう。素催眠ゲンガーは反則。あれは強すぎる。

サザンドラ…クレセドランに悪技が一貫してこちら側の有効手段も全く無く、メガへラクロスに対しても炎技がある。

シャンデラ…メガヘラクロスには炎技、クレセリアにはゴースト技、ヒードランに対してはめざ地面などがある場合もあるし、無くても小さくなってからゴースト技ゴリ押しでも突破され兼ねない。要は小さくなるが強過ぎる。

スイクン…クレセリアであろうとヒードランであろうとこのポケモンの前では起点にされてしまう。無理やりメガへラクロスを後出しして見ていたが、熱湯で火傷を引かれたりしてかなり辛かった。

ニンフィア…クレセリアは瞑想の起点。一見ヒードランで見れそうに見えるが実際は火力が足りないので瞑想の起点にされてしまう。メガヘラクロスに対しては攻撃を耐えてからのハイパーボイスをされてしまう。

バシャーモ…メガへラクロスとヒードランに強い。ファイアローと同じくこのポケモンが入っているパーティに遭遇したらほぼ100%選出してきた。クレセリアで電磁波を当てるなどして何とかしよう。

ヒヒダルマ…マイナーだが実はかなり辛い相手。ヘラに対しては言うまでもなく、クレセリアの硬さですらも陽気珠フレアドライブの火力から確2を取られてしまう。ヒードランに対しては馬鹿力や地震がある。珠などの技を撃ち分けられるアイテム持ちの場合は、コイツ一匹だけでヘラクレセドランが壊滅してしまう。実際に出てきた時は体力満タンのクレセリアと対面させて電磁波を当てるしかない。もっと評価されても良いと思っているポケモン。なぜここまでマイナー扱いされているのか不思議なくらい強すぎるポケモン。

ファイアロー…幾度となくこの「ヘラクレセドラン」というパーティを使ってレートを潜ってきたが、このポケモンが相手のパーティに入っていて選出されなかったことは一度も無い。
鉢巻型ならクレセリアやヒードランで突破出来るが、それ以外の型だとクレセリアも突破どころか起点にすらもされてしまう。上手くヒードランを使って突破しよう。
このポケモンが相手の手持ちにいるのに甘い選出をしてしまったら間違いなくボコボコにされる。

ボルトロス…厄介なのは霊獣ボルトロスや珠ボルトロス。メガヘラクロス ヒードラン共に対面なら勝てるのだが、クレセリア対面で悪巧みを積まれてしまったら厳しい。悪巧み後の10万ボルトの火力は、無振りメガヘラクロスが確1。ドランは確2。

マリルリ…太鼓ポンポンされてしまったらクレセリアはじゃれつかれる。メガへラクロス ヒードランはアクジェでサヨナラバイバイ。対面ならメガヘラクロスのタネマシンガンで突破出来る。

ラティオス…上からメガへラクロス ヒードランに効果抜群&超高火力技を撃ち込まれる。クレセリアに対してもトリックされたり超高火力技で押し切られたりする。クレセリア対面で電磁波などを入れる事が出来ればメガへラクロスで見れる。

メガガルーラ…第六世代最強ポケモン。初手で出てきたら基本メガヘラのインファイトで強引に葬ってきたが、身代わり持ちだったら手も足も出ない。

メガクチート…辛い。メガへラクロスに対しては対面で勝つことが出来ず、クレセリアは剣舞の起点にされる。ヒードランなら対面で勝てるのだが交代出しから叩き落とすを食らう→不意打ちで高乱数で落ちてしまう。トリルクチートされたら絶望でしか無い。
自分はいつも初手対面でヘラとクチートが対面する→じゃれつく読みでクレセリアを交換出しする→更にそこからの叩き落とす読みでへラクロスを交換出しする→ゴツメダメージが入ったメガクチートをインファイトや地震で狩る。という非常にリスキーなやり方でクチートを突破してきた。

メガサーナイト…ヒードランを後出ししても気合玉が飛んでくる。クレセリアを出しても挑発されるので手も足も出ない。辛い。
大抵初手に出てきたのでこちらは初手にヘラを投げていた。メガ前の初速はこちらの方が最速でもない限り速いため初手にミサイル針を撃ち込めた。今までこのような感じでしか突破してきた事が無いので、このポケモンはかなり辛いポケモンと言える。

メガバンギラス…ヒードラン クレセリア側の有効手段が一つも無い。対面ならメガへラクロスで勝てる。

メガギャラドス…同上。しかしこちらは2舞以上されてなければメガへラクロス後出しで大抵勝てる。体力を消耗していたら厳しい。

メガボーマンダ…メガへラクロス ヒードランに対して言うまでも無く強い。クレセリアも型によっては突破される。

メガヤミラミ…クレセドラン共に瞑想の起点にされる。メガヘラクロスを出すと鬼火が飛んでくる。瞑想読みでメガヘラクロスを出せたとしても意地っ張り全振りミサイル針1発のダメージがHB特化メガヤミラミに対して12.1%~15.2%しか入らないのでゴリ押し出来ない。

メガラティアス…クレセドラン共に身代わり瞑想の起点にされる。メガヘラクロスにはエスパー技がある。

メガリザードンXY…Xは地震持ち、Yは気合玉orめざ地持ちが辛かった。これらの技を持っていない場合はヒードランで見れる。

意地っ張り鉢巻ガブリアス…鉢巻逆鱗による圧倒的火力はHB特化クレセリアすらも75%の確率で2発で突破される。メガヘラクロスも耐久無振りの場合 逆鱗で確1。ヒードランは言うまでもない。対策必須ポケモン。

最速ヒードラン…クレセリア メガヘラクロスを見られる。相手が大地の力を搭載していなければヒードランで見れるが、搭載していたら厳しい。

陽気最速メガヘラクロス…準速ヘラだと押し負けてしまう。対面クレセリアで耐えてから電磁波を撃ったり、ヒードランを最速っぽい動きをして胡麻化していたが正直かなり辛かった。基本的にこのポケモンが来た時は諦めていた。

受けループ…メガへラクロスは受けループ対策のポケモンとして挙げられているのをどこかで見たことがあるが、実際はグライオンに厳しい。

トノグドラorトノスター…雨による圧倒的特殊火力は誰も受け切れない。クレセリアがエースの攻撃を対面で耐えて電磁波をする事は出来るものの大抵交代される&居座ってきて電磁波を撃てたとしてもパーティが半壊する。トノラグはクレセリアのおかげでそこまで苦戦した事は無かった。

身代わり持ちや積み技を搭載しているポケモン…ここまでの対策ポケモンを見てきた人なら分かるが、クレセドランはその低火力&状態異常頼りな故、身代わりを貼られたり積まれたりされたらかなり苦しい。メガへラクロスが倒されていて、このような戦法を取るポケモンが残っていたら基本的に諦めていた。

これだけ見るとかなり穴が開いているパーティのように感じるかもしれないが、それらは裏の3匹で対策すればいい話であって、逆にここで挙げたポケモン以外は基本的にこの3匹で見れるということである。
他にも書きそびれている対策ポケがいるかもしれないので、その場合は見つけ次第↑のリストに書き加えておく。
他にも「このポケモンが重いんじゃないか?」という意見がある場合は気軽にコメントどうぞ。

【まとめ】

今回のブログは、実際にこのヘラクレセドランを使いレート700回以上潜った私目線で、もう一度ヘラクレセドランとはどのような構築なのかを見直すのと同時に、700回以上潜った私だから言える実際に戦って辛かったポケモンを挙げる事によって、ヘラクレセドランに苦戦している方へのヒントになればなと思い、更新する事にしました。

ちなみにこの構築を使った私自身の最高レートはs12の1929です。
まだまだ伸びしろがあったのにも関わらずこのような結果に終わってしまった事に悔しさを感じます。

最初にこのパーティを使った時はクレセリア ヒードランという癖の強い2匹のポケモンの扱いや裏読みの難しさにレートが伸び悩んでいたのですが、使っていくうちに慣れてきて理想通りの動きが出来るようになりました。

だからこのパーティを使い、5戦程度潜ってみて「使いにくい」と言ってすぐに投げ出すのではなく、半信半疑でもいいから対戦の数をこなしてみてください。きっとこのパーティの良さが分かってくるはずです。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

ヘラクレセドランの構築 その対策【ORAS】」への6件のフィードバック

    1. りんメロ☆ 投稿作成者

      >みょんさん
      テンプレの穏やかヒードランの調整であれば
      H204 B4 C30 D188 S84振り
      Hは16n+1調整(食べ残し回復量最大)。
      Dは11n調整でステロ込みで眼鏡ニンフィアのめざ地高乱数耐え。
      Sは4振りFCロトム抜き調整。
      Cは余りです。

      返信
  1. いろは

    裏の三体は何を置きましたか?
    自分はゲッコウガ ガブリアス 化身ボルトロスを置こうと思ってます。
    あとこの構築はサンムーンでも使えますかね?

    返信
    1. りんメロ☆ 投稿作成者

      >いろはさん
      この裏の3体については後日(多分サンムーン発売の1日前)にまた改めて記事にするつもりですが、自分は ニンフィア ロトム ガブリアス にしました!
      いろはさんの挙げたその3匹はテンプレとして挙げられることの多い3匹なので良いと思いますよ!

      サンムーンでは現状どうなるかは情報が少なすぎるのでまだ何とも言えないですね。メガヘラクロスは分かりませんがクレセドランはDP世代からいた有名な並びなので新環境でもその並びは一定数存在すると考えます。

      返信

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。