ゴチルゼルの調整(ごちうさ構築意識2パターン)【ORAS】

※この記事はORASの記事です。

広い範囲のポケモンを狩れるメガミミロップと、メガミミロップで勝てないカバルドンやスイクンやクレセリアなどの超耐久ポケモンにゴチルゼルを投げて完封する「ごちうさ構築」という、ご注文はうさぎですか?を思わせるような構築があったので、気になって調整してみることにした。

前にスノー晴れーション型の要であるメガユキノオーの育成論を載せた(↓下記URL参照)
メガユキノオーの調整&育成論(スノー晴れーション構築意識)

スノー晴れーション型を使って結果を残している人もいるとはいえ、結構立ち回りや扱いに難しさを感じ、ネタ的なポジションのパーティーとして私は考えているが、今回のごちうさ構築はガチレベルでも通用するぐらいの強さを持っていると思っている。

ごちうさ難民の方は是非この構築を使って、バトルに勝って心ピョンピョンしよう♪

あぁ^~バトルに勝って心ぴょんぴょんしたいんじゃぁ^~

ちなみにミミロップよりも早いスカーフアタッカーや眼鏡ロトムなどの超耐久高火力アタッカー、メガシンカ高耐久ポケモン(例えばフシギバナやヤドラン)はこの2匹じゃ相手に出来ないので他のポケモンに任せよう。

それでは調整の方に入っていく。今回は2パターンの努力値配分を公開。

gothitelle-thumbnail2

ゴチルゼル

□種族値
H70 A55 B95 C95 D110 S65

□特性
かげふみ

□技構成
ねむる トリック サイコキネシスorサイコショック どくどくor電磁波

□持ち物
こだわりスカーフ

□性格
ずぶとい

☆パターン1☆

□努力値配分
H236 B236 D36
(175-×-159-115-135-85)

・HP16n-1調整(天候ダメ最少)
・C4振りスイクンの熱湯3回+火傷ダメ2回を99.76%耐え(スイクンへの後出しが比較的安定する)
・余りB。

☆パターン2☆

□努力値配分
H236 B52 C4 D36 S180
(175-×-134-116-135-108)

・HP16n-1調整(天候ダメ最少)
・C4振りスイクンの熱湯3回+火傷ダメ2回を99.76%耐え(スイクンへの後出しが比較的安定する)
・スカーフ込みで最速グライオン抜き。
・余りB。

スポンサーリンク



☆パターン1☆は耐久に厚く振った型。☆パターン2☆はスカーフを持たせるラインとしての最高のS調整のライン。

どっちのパターンでも立ち回りは高耐久ポケモンに投げてかげふみで交代不能にしてからスカトリしてジワジワ削っていく感じでOK。 相手は勝手に死ぬ。

lopunny-mega-thumbnail2

ちなみにメガミミロップの方は無難にASぶっぱで 猫騙し/飛び膝/恩返し/冷凍パンチ の構成で良いと思う。猫騙しは結構使う機会多い&残りの3つの技構成でメジャーなポケモンを狩れる為どれも外せない。

強いて変えるとすればややピンポイント気味な冷凍パンチを身代わりに変更するぐらいか。


ポケットモンスター ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。